顔汗止める薬副作用

汗をかかなくなることが問題?

顔や頭から流れる汗は人の目につきやすく、かつ大量だとそれだけで印象が悪くなりがちです。
そこで顔汗止める薬を使用して抑えようと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、多量に摂取するのは良くありません。

 

 

 

なぜなら副作用があるからです。
薬である以上副作用があるのは仕方がないことですが、顔汗止めることにどんな副作用があるのでしょうか。
まず当然のことながら、汗をかかなくなることです。

 

 

 

汗を止める薬なのだから当然ではないか、と思うかもしれませんがこの場合は全身になります。
汗は体を冷やすためにかくのですが、顔汗だけをピンポイントに止めるのは難しいことなのです。

 

 

そのため薬は、汗自体をかかなくするようにするのです。

 

 

しかしそうなると、体内は熱いままなので結果的に熱中症と同等の状態になりやすくなります。

 

 

ちょっと休憩すれば治る場合もありますが、重症化すれば緊急搬送されることもあります。

 

 

ではどうすれば副作用に悩まされずに、顔汗止めることができるかというと、消臭スプレーとの併用が有効です。

 

 

 

汗をかくのは当たり前のことなので意識せず、あまりにも気になるのであれば薬を服用し、
においは消臭スプレーで消してしまえば問題ないでしょう。

 

 

またクール系統の衣服にして、体内の風通しを良くすることも重要です。