顔汗止める漢方

柴胡桂枝乾姜湯

夏になると、天気が良いので気分も上がって、外出する人が多いです。
しかしあまりの暑さで、顔からの汗で化粧崩れするので、せっかく綺麗にメイクをしても台無しです。

 

また、人目も気になりますし、鼻の下に汗をかくととても恥ずかしいです。

 

 

そういった人は漢方を一度試してみると良いでしょう。
柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)という漢方は顔汗止める作用があります。

 

 

漢方は体の悪い部分に直接働きかけるのではなく、
体の乱れたバランスを整えることによって体調を正常に戻してくれる効果があります。
ですから、顔汗を止めるだけでなく、体の中から健康になることができます。

 

 

主に、顔や手、脇などの上半身の多汗症に効果がある漢方薬です。

 

 

体の熱や炎症をしずめ、神経の疲れを癒してくれます。

 

 

神経がたかぶっていると、顔の汗をコンプレックスに気にしている方は、
汗をかくことで、より気にするようになって不安を感じ、さらに汗をかきやすくなってしまいます。

 

 

そうすると、汗をかいたら不安に感じ、不安に感じることによりさらに汗をかくので悪循環になってしまいます。
そうした事をなくすためにも、顔汗止める効果のある漢方を使って、神経の疲れを癒す事はとても大切なのです。

 

 

また、虚弱体質で、イライラや不安感があり、体が疲れやすい人にも効果的です。
漢方で内面から治療し、コンプレックスを改善しましょう。

 

>>顔汗止める方法