顔汗止める手術

内視鏡手術

顔汗止める手術というものがあります。
種類はさまざまですが、顔汗止める方法としてETS手術と呼ばれる方法が主流となってきました。

 

 

正式名称は胸腔鏡下胸部交感神経節切除術といいます。
これは、胸からワキの間にある発汗の指令を伝達している胸部交感神経という交感神経を切断する内視鏡手術です。

 

 

交感神経は背骨の左右を上下に走っていますが、この交感神経を胸の高さで切断することで
顔汗だけでなく、手のひらや首筋、ワキの汗の減少効果を得ることができます。

 

 

対象年齢は原則として、中学生以上です。

 

手術は全身麻酔を行ってから、病院によっては最短で日帰りの治療が可能です。
手術の方法としては、脇の下に数ミリ穴をあけ、その穴から内視鏡を入れます。

 

 

 

カメラの映像で確認を行いつつ、交感神経の束を切断します。
手術自体は簡単なため、何事もなく順調に終了する場合かかる時間は30分程度です。

 

 

傷口も数ミリのため、あまり目立ちませんし痛みも少ないのがメリットです。
施術時間も短く、体への負担も少なくてすみます。

 

 

交感神経の切断のため即効性があり、治療に健康保険が適用されるのも大きなメリットです。
しかし、神経を完全に切断してしまうため元には戻りません。慎重に決断する必要があります。

 

 

>>顔汗止める方法