顔汗止める方法

顔汗を止めるには?

<顔汗止める方法・概要>
顔汗を止める時に重要になってくるのが、根本原因です。何かしらのアイテムを使い、一時的に顔汗を止めることができたとしても解決にはなりません。特に女性にとって顔汗は大問題です。メイクを崩してしまうだけではなく、大切な人に対してや、友人に対していい勝負を崩してしまう原因にもなりかねません。男性にとっては、たかが顔汗と思われることも多いかもしれませんが、女性にとっては、顔汗を止める事は重要なことになるのです。顔汗を止める時に知らなくてはいけないのが原因です。辛いものなどを急激に食べた場合や暑い時、通常健康なのであれば、汗は体全体から出ます。わきやせや、その他の部分から汗をかいていないのに、顔だけテカテカと汗をかいてしまうと言うのは、それなりの原因があります。発汗を行う理由は、体温を調整することにあります。体の内部の体温が上昇しすぎてしまうと、肉体そのものが傷ついてしまうため、早い段階で体は熱を外に逃がそうとします。その時に汗を出すのです。汗を止める方法を検索したときによく出てくる言葉にエクリン腺と言うものがあります。エクリン腺は、全身にありめぐっている汗腺になります。
しかしながら、全身に張り巡らされているエクリン腺すべてから汗が分泌されるわけではありません。運動不足などが続いてしまっていると、休眠状態に入ってしまっているエクリン腺も増えてきます。そうなると顔などの比較的活発に動いているエクリン腺から汗がふきでることになります。これは1部の原因になりますが、多くの場合当てはまる顔汗の原因です。顔汗を止めることを考えたときに、まず気になるのが、顔汗なのか、皮脂なのかといった違いです。顔汗の多くは、てかてか、ベタベタしているものが多いと言う印象があります。一般的に、エクリン腺から放出される汗は水っぽくて、すぐに蒸発する特徴があります。顔汗を止める方法を下がってしまうほど嫌であっても、他の部分と比較すると、汗をかいている量が相対的に少ないことが考えられます。これは顔のエクリン腺が衰えている為です。この状態では、必要な成分も汗に混じってしまい、蒸発しにくい汗として放出されることになります。会社のプレゼンや、学校なので何かしらの発表を行うときに、急激に顔汗をかく場合がありますが、これらは精神性発汗と言われ、この場合もベタベタした汗が顔からきたすことになります。あまりにも、顔汗が日常的に多い場合には、精神性発汗でもなく、生理現象としての発汗でもない可能性があります。この場合には、病気として顔面多汗症と言うものがあります。多汗症と言うと、家や声などが有名ですが、顔汗でも多汗症があります。これは、交感神経が深く関わっています。まずは病院に行って相談することが重要です。
顔汗を止めるには、運動が大切だと述べましたが、つまり、体全体の汗腺が衰えてしまっていることが原因なのです。普段から汗かきなのであり、サラサラとした汗が出ているのであれば、汗腺が活発に働いている証拠になりますが、それほど体の汗をかかないのに、顔汗をたくさんかいてしまう場合には、汗腺の衰えを意識しなくてはなりません。顔汗を悪化させてしまう食べ物があります。一般的には刺激の強い食べ物になります。また、油を使用している食べ物には注意が必要です。刺激の強い食べ物も食べ続けていると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてきます。これは、短期的なものであれば良いのですが、日常的に崩れてしまうと自律神経や、エストロゲン、プロゲステロンといったホルモンバランスを崩す原因にもなります。具体的には、辛いもの、カフェインなどが挙げられます。コーヒーが好きな人は多いかと思います。コーヒーには血糖値の上昇を抑えたり、リラックス効果など様々な利点もあります。ですが、顔汗を止めることを考えたときは、どうしてもカフェインが強いものとなります。可能であれば、なんかフェインのコーヒーなどに切り替えてみるのが良いでしょう。また、脂肪分の多い食べ物に関しては、単純に体脂肪が増えていくため、発汗バランスが崩れていきます。質の悪い汗を大量にかくことになりますので臭いの原因にもなります。顔汗を止める事を考える時に良い食品もあります。女性ホルモンのバランスを整えるためにも、重要な食べ物になりますが、まずは納豆や豆乳、豆腐といったイソフラボンが含まれている食品が良いでしょう。その他、自律神経を整える働きがある、山芋、アボガドなど。
次に顔汗を止める具体的な治療法ですが、現在は顔汗を止めるしっかりとした治療法が確立されていない状態です。精神療法、心理療法はあります。薬では市販されている、テノール液があります。医療機関を訪れたときに処方される薬には、抗コリン剤、精神安定剤や、プロバンサインといった、汗に直接作用する薬があります。いずれもあくまで薬になりますので、副作用が必ず存在します。また、安心な顔汗を止める方法に漢方薬の利用があります。しかしながら、漢方薬は日常生活すべての改善をしっかりと行うことによって、効果をしっかりと発揮してくれるものになります。生活が乱れている状態では、なかなか効果を実感することが難しいかもしれません。薬と比較すると、即効性がないといったところも気になるかもしれません。ドラッグストアなどにも売っている桂枝加黄湯などが有名です。顔汗を止める方法には、手術を行うこともできます。ですが、どちらかと言うとリスクの方が大きく、顔汗にはおこなわないケースも多いようです。基本的な方法としては、交感神経を止めるタイプの手術になります。脇汗等に対して行う手術と似たようなものになりますが、いずれも代替発汗といったリスクが伴います。代替発汗とは、顔汗や脇汗を止めた代わりに、下半身などの別の部分から大量の発汗が起きることをいいます。もし、具体的にいいように置いて顔汗を止める方法を探しているのであれば、まずは薬剤での治療が良いでしょう。